2018年03月14日

書道通信?

DSC_0405.JPG
甲骨文字の動物
会意文字(複数の象形文字で状態や動作を表す)
「為」
人間の手が象の鼻をつかんでいる形。
象は家畜として飼育されていた。
重い荷物を運び、持ち上げ、大活躍だった!
「為」は本来、象を使役する意味で、「事を為す」「行為」「作為」の意味として使われるようになった。
死後には象牙も残してくれ、古代の人々にとって、有難い動物だったようだ。

次回は「人」
古代の「人」は横向き。

#書道通信 #甲骨文字
#象形文字 #象 #人
#書道 #葉月会 #生葉
#calligraphy
#calligraphylater
#oldcharacters #hitoha
posted by 葉月会 at 11:30| Comment(0) | 葉月会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。